スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッコいい(●^o^●)

  11, 2013 07:57
ホンダは今季のモータースポーツ活動についての発表会を開催。その席上、伊東孝紳社長が「来季2014年のSUPER GTにはNSXコンセプトをベースした車両を、市場に先駆けて投入する」旨を明言した。

ホンダがゆくゆくはGT500クラス参戦車両を新NSXをベースとしたものにすること自体は公言済みで、GT500の車両規則が大きく変わる14年シーズンからの投入となることも既定路線だったわけだが、あらためて公の場で伊東社長が明言したことで、今後は、08年にニッサンR35型GT-RがGT500戦線に登場した時のような大復活祭ムードが盛り上がることになりそうだ。

GT-Rがニッサンの象徴なら、NSXはホンダの象徴。09年を最後に初代NSXは戦線を退き、10年からはHSV-010 GTという未市販車でGT500を戦っているホンダだが、「HSVで戦うのは今季が最後になります」(伊東社長)。そして来季の新NSXのGT500投入も市場展開に先んじたものとなるため、「シリーズ運営団体GTA様の理解に感謝しております」との旨も伊東社長はコメント。ドイツのDTMとの車両規則コラボレーションが始まる来季に向け、関係各方面との調整が順調であることを窺わせた。

NSX↓



確か・・・NSXのデビューは2015年のはず(^o^)その前にスーパーGTに投入(●^o^●)楽しみだ~。
2014年といえば・・・NSXの弟分?子供?のビートも復活
04_lビート

ホンダ党としては目が離せません\(^o^)/
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。