スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は…

  06, 2014 12:09
明日は職場では厄晴れと称した飲み会があるみたいだが…またまた行きたくないし面接もあるので欠席
職場の行事など、もはやどうでもよい
行っても全く面白くないし美味しく酒飲めない会だし、気分が悪くなる

泣いても笑っても明日は一世一代の本番
2次面接
社長&取締役面接。

この機会を逃すと後がまた哀れなんで、なんとしてもと思えば思うほど緊張して胃が痛い

ホントこの縁、機会がなくなれば最悪…また氷河期に逆戻り、超汚染されまくった臭いヘドロまみれの腐ったドブ川みたいな職場に逆戻り、早く綺麗な清流で充実した毎日を送りながら生き生きと泳がねば

スマホで中途採用での2次面接と検索したら…こんなのが載ってた。
抜粋↓

何せ2次面接の評価は単なる「好き嫌い」なのですから。
書類選考・1次面接で、既に会社の業務を問題なく遂行できる能力については
クリアしているのです。
それならば、後は「役員に気に入られるかどうか?」たったそれだけなのです。
考えて見て下さい。
 
 
不安いっぱいで疑いの眼差しの人事担当者の1次面接をクリアできたということは、あなたは人事担当者に「上司にあげても怒られない」
と判断されたわけです。
つまり、現場レベルではあなたは評価されているという事になります。
 
2次面接はそんな部下の仕事ぶりを
役員が確認するだけのものなのです。
つまりそこにある評価基準なんて、
面接した役員があなたとの会話の中で
 
 「あなたを気に入るかどうか」のそれだけなのです。
 
役員のオッサンの好みなんてわかる筈がありません。
こればっかりは人間同士の相性の問題になってきますので、
事前に何かしらの対策が有効になるとはとても考えにくいのです。
この一見乱暴な評価基準なのですが・・・。

だそうな

こうも書いてあった↓
ここまで進めばほぼ採用は決定、と言われることもある役員面接。しかしときには、人事担当や現場で一緒に働く上司がOKであっても、社長のひと声で不採用になってしまうケースも。気を抜かずに最後のアピールを!

オイラの明るい未来や人生掛かってるんで、とにかく神様仏様お願いします
一次面接の時にもカバンの中に忍ばせてた御守りを2つまた持って望もう。
今年のお正月に3社参りの時買った厄除けの御守りと去年の12月に頂いた御守りの2つ
この前の面接の時はそれもありうまくいったのだ。

早く今の職場辞めれますように
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。