スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やばいよぉ~( ̄0 ̄)

  28, 2014 14:42
抜粋↓

大気中の汚染物質PM2.5と黄砂が混ざると、より発がん性が高い物質に変化することが金沢大学などのグループの研究で分かり、研究グループは「PM2.5と黄砂が、共に多く観測されるこれから4月ごろまでは、より注意が必要だ」と呼びかけています。

金沢大学医薬保健研究域薬学系の早川和一教授らの研究グループは、毎年春の黄砂が
多く飛んでくる時期に、PM2.5の中でも発がん性が極めて高いとされる「NPAH」と呼ばれる物質の濃度が高くなることに着目しました。

そして、大気中に含まれる「窒素酸化物」とPM2.5に必ず含まれる「PAH」が入った容器に黄砂を入れて拡散させる実験を行ったところ、NPAHに変化することが分かったということです。

NPAHは、多くの研究者の実験で肺がんなどを引き起こすリスクがPAHよりも100倍以上高いことが示されています。

早川教授は「これまで黄砂だけ、PM2.5だけで対策を考えていたが、複合影響があるという前提で対策を立てることが大切だ。共に多く観測される時期は、PM2.5を通さないマスクを着けるなど特に気をつけてほしい」と話しています。


それにしても、NHKの上條倫子アナ素敵(〃'▽'〃)

中華テロ( ̄。 ̄;)日本への攻撃か…

スポンサーサイト

- 2 Comments

SilverFox  

けっこうこれって生活に影響するよな。
この前九州行ったとき空気が違うって感じたもん。
普通は都会より空気は美味いはずなんだが。

そりゃそうと言い忘れてたが、再就職おめでとう。
今度帰ったら祝おうな。

2014/03/30 (Sun) 08:25 | REPLY |   

漣  

こんにちは(^○^)

九州はモロ影響受けるんで・・・中華テロっす(+_+)
やっぱ空気感違ったですか・・・。
この前ちょい熊本に帰ってきてたみたいで。

いえいえ、ありがとう(*^^)v
入社に向けてモヤモヤしたり緊張したりしております。

お互い頑張っていきましょう(^。^)

2014/03/30 (Sun) 17:21 | REPLY |   

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。