スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいおい―(^O^ )

  27, 2015 06:08
参るねぇ~^_^;
抜粋↓

2015年は、車齢13年を超えるクルマの自動車税が通常税率の15%増しとなる見通しです。従来は、
10%増しだったのでさらに増税となります。
クルマは、日本の基幹産業と言いつつもユーザーに厳しい国という印象がさらに強くなりそうです。
基幹産業だから、新車購入者に対して優しいのかなと斜に構えてしまいそうな状況です。

「環境負荷が高い」のが理由?
13年を超えるクルマを対象とする理由は、環境負荷が高いためとされています。クルマは
道具なので使い続ければ、廃油や廃タイヤなど環境に負荷のかかる廃棄物が出るのは確かです。
しかし、これは利用率も関係しており古いからというのは理由になりません。

これまで優れた道具を後世に残すために、努力をしてきた先人たちの蓄積である「自動車文化」の
土壌が荒廃するキッカケになる可能性もあります。また、趣味であれば増税に対してある程度は
寛容になれますが、経済的理由で維持しなければならないのであれば、状況はより深刻です。

クルマの利用状況からみれば、車齢13年を超えて維持している方は少数かもしれません。しかし、
根拠を欠いており、取りやすい所から取るようにも思え、不公平にも感じます。

平成20年式なんで…今7年目↓

まだ故障も不具合もないっす(^-^)
税金が上がる前に乗換か…。

次はコレ↓がいいかなo(^-^)o

ホンダシャトル良さげ(*^ー゜)

といっても…フィット号壊れるまで乗るかも( ̄∇ ̄)

スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。