スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドロ(▼皿▼)

  21, 2015 04:58
内閣改造で大臣になった高木毅氏、元下着泥棒だった!?しかも当時の事件は父親の権力を使ってもみ消していた。

安倍改造内閣の閣僚にスキャンダルが発覚した。
初入閣組の高木毅復興・原発事故再生担当大臣のとんでもない過去を暴いている。
それは過去に下着ドロボーを行ってたというのである。

当時30歳前後だった高木氏は地元福井県敦賀市の住宅に住む20代女性の下着を盗むべく、家に上がり込みタンスの中を物色。
被害女性を一方的に気に入り、家を突き止めて下着ドロボーをするという犯行に及んだのだ。
家への侵入方法は計画的なもので、合鍵を勝手に作っていたというから驚きだ。

しかしなぜか、高木氏は逮捕もされず、事件が立件されることはなかったことについて、地元関係者が証言している。
「当時、高木氏の父親は敦賀市長で、地元の名士。そこから、警察に手を回したんだろうというもっぱらの噂でした。また、高木氏の父親はバリバリの原発推進派で、電力会社や原発関連企業とべったりでしたから、その筋から被害者の勤務先に圧力が加わったという話もあります」

こうした高木氏の"下着ドロボー癖"は永田町にも知れ渡っており、"パンツ大臣"と揶揄されるほど常習犯だったと記されている。
こういった圧力かけてもみ消す…よくある事だよね(・_・;)
こんなんでも大臣になれんのかよ( ̄0 ̄)


誠心誠意働いていきたいって議員辞職しないドリル小渕↓

といい…どうなっとんじゃ( ̄△ ̄)
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。