スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤク(*゜д゜*)

  07, 2016 14:12
中国】客「あの店のラーメンうめえ・・・なぜかまた食べたくなる・・・」→麻薬入りでした。

中国・北京でアヘンの原料であるケシ殻を粉末にして、調味料としてラーメンに使っていた35店が摘発された。新華社通信によると、ケシ殻を粉末にして調味料として使っていた北京市内のレストランなど35店を摘発した。


驚くのはその理由だ。味が良くなるとかそういうことではない。客を依存状態にすれば常連にできると企んだらしい。地元メディアの記者が麻薬ラーメン店に潜入取材した時の映像を流す。記者が「これはなし?ケシですか」と聞くと、店主は平然と「そうです」と答えている。

記者「丸ごと1個鍋に入れるの?」店主「直接入れるのよ。1個で十分よ」そう言いながら、店主はケシ殻を鍋に放り入れた。店主「ケシ殻は持ち出さないでよ、捕まるから。毒ドラッグだから。ケシ殻は煮込めばおいしくなる。

足りなければまた入れるよ」。この店主はケシ殻を使って逮捕され、3000元(約5万4540円)の罰金を払っていた。医師は「使用してはいけない。食べてもいけない。長期的に食べると依存症になる可能性があります。毒ドラッグと一緒です」と話している。

常連さんは嫌でも通うようになるよね(◎-◎;)
さすがチャイナ( ̄△ ̄)
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

What's New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。